HIDのメリット・デメリットとは

by on 5月.28, 2014, under 未分類

HIDランプとは電球のようにフィラメントを使わずに、
金属原子高圧蒸気中のアーク放電によって光を出すランプの事です。
最近ではクルマのハロゲンランプからHIDランプに取り換えるカーオーナーの方が多いです。
車種によっては純正HIDランプが装備されていたり、オプションで追加できることがあります。
ハロゲンランプより長寿命、高輝度、太陽光と色温度が近いので夜間での視認性が良いなどのメリットがあります。
その代わりにハロゲンランプより価格が高いというデメリットがあります。
交換する場合はHID用の電源にするためのバラストユニットと、ハロゲンランプと同形状のHIDバルブをご用意します。
HIDキットを購入すると2つともセットになっているので、バラバラに購入することはありません。
ご自身で取付できないという場合はカー用品店などで頼めば行ってくれます。ですが取付料金が掛かってしまいます。
ハロゲンランプの交換さえできれば意外と簡単です。休日など時間がある日に行ってみてはいかがでしょう。

コメントは受け付けていません。 more...

車のヘッドライトに使われるHIDの特徴

by on 5月.25, 2014, under 未分類

車のヘッドライトは夜間の安全走行時に必須です。
どの車でもあらかじめヘッドライトが装備されていますが、
電気の力でフィラメントを発熱させて発光させるハロゲンランプは、フィラメントが切れると点かなくなるという欠点がありました。
そこで最近ではフィラメントを使わずに蛍光灯のように放電によって発光させるHIDに取り換える方が増えています。
HIDはハロゲンランプより高輝度で太陽光に近い光を出します。
夜間に明るくて走行しやすいうえに長寿命なのが良い所です。
HIDの明るさはバラストのワット数で表しています。
35W、55W、70Wとワット数が多くなるほど明るくなります。
ハロゲンランプから交換される場合は35Wでも明るくなったと実感することが出来ます。
HIDバルブの光は深赤、黄、白、青白、青と様々です。
色温度を数字化したケルビンでHIDバルブの色を判断することが出来ます。
数字が大きくなるほど青くなっていき、数字が小さくなるほど赤くなっていきます。
HIDキットを購入すればご自身でも簡単に取り付けができます。

コメントは受け付けていません。 more...

HIDにはいろいろなメリットがある

by on 5月.24, 2014, under 未分類

クルマのヘッドライトにはハロゲンランプやHIDランプがあります。
ハロゲンランプは電力でフィラメントを熱して光源にするタイプで、
HIDランプは放電を利用して光源にするタイプです。
HIDランプは蛍光灯と同じような仕組みなので、フィラメントを用いていません。
ハロゲンランプのように突然フィラメントが切れて点かなくなる心配が無い、長寿命で省電力、
太陽光に近い光で夜間走行時に遠くまで見やすいなどのメリットがあります。
しかし価格が高い、ドライバーご自身で交換するには何かと知識と手間が必要などのデメリットがあります。
ですが長寿命な分取り換え回数は少なくなりますし、
省電力な分バッテリーに余裕が無くてもヘッドライトを明るくできます。
取付できないときは購入したカー用品店に依頼することが出来ます。
青い色が好みの方はケルビン数が高いものを、明るいほうが良い方はワット数が高いものを選びます。
交換するときはHIDバルブとバラストユニットがセットになったHIDキットを購入すると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。 more...

This is RAKALAP themes

I hope you like it :)

You can change this widget in your themes option.

Visit our friends!

    Archives